「徹底比較・分析」電子書籍・漫画サイトはどこがおススメ?【BookWalker】編

BookWalkerの
予約方法を紹介!

手軽に持ち歩く事ができ、試し読みもできる電子書籍サイトは非常に便利です。

紙の本だと持ち歩きが不便なだけでなく、場所を取るので保管にも困ります。

すぐ本棚がいっぱいになって売り飛ばさざるを得なくなったケースも多いのではないでしょうか。

今回はBookWalkerの予約方法について、体験談を交えつつ紹介していきます。

以下の3点に基づいて選び方のポイントや特長も検証しました。

・マンガ・ライトノベルのラインナップ

・読み放題サービスの使い勝手

・コインやポイントによる還元率

本当にBookWalkerは有用なサービスなのでしょうか?

選び方のポイントにも目を向けながら参考にしてみて下さい。

BookWalkerは
どういうストア?

BookWalkerとはKADOKAWAグループ直営の電子書籍ストアです。

配信出版社は角川書店を含めて1,200社以上、電子書籍は92万冊以上あり、マンガやライトノベルのラインナップが非常に豊富です。

特にライトノベルの品揃えは4万冊以上も配信しており、レーベルもKADOKA直轄のものだけで角川スニーカー文庫、電撃文庫、ファンタジア文庫、ファミ通文庫などがあります。

購入方法は単品購入制と読み放題プランがあり、読み放題プランは「マンガ・雑誌読み放題プラン」「角川文庫・ラノベ読み放題プラン」の2種類です。

料金は838円均一ですが、ジャンルや品揃えが違うだけでなく、他社の読み放題プランでは取り扱っていない書籍も読めるのが特徴です。

また電子書籍を購入する際に「コイン」が付与され、他の電子書籍ストアにおけるポイントのように貯めて使う事ができます。

BookWalkerの
予約方法を説明!

BookWalkerで電子書籍を予約するには、自動購入予約、シリーズ予約という2種類の方法があります。

まず自動購入予約は予約した電子書籍が自動購入できる機能で、読めるのは配信日の0時以降です。

シリーズ予約は雑誌の最新号が配信された時に継続購入される機能で、同じシリーズの雑誌をまとめて読みたい場合に便利です。

どちらの手順も同じで、予約可能な作品を確認後に「予約」ボタン、「自動購入の予約ボタン」をクリックすれば電子書籍を購入した事になります。

決済方法は全額コインとクレジットカードの2種類あり、その場で好きな方法に変更する事も可能です。

ただしアプリ内ストアだと設定変更ができないので、予約購入するのであればブラウザからの利用をおススメします。

BookWalkerの特長

続いてはBookWalkerのメリット・デメリットをそれぞれ紹介していきます。

 BookWalkerの
強み(メリット)

BookWalker最大のメリットは、マンガやライトノベルに関するラインナップの多さです。

業界内では「ライトノベル関連で最も強い電子書籍ストア」と言われており、毎月読み放題可能な作品数は8000冊もあり、書き下ろしのストーリーやイラストなど購入特典も見られるのでお得です。

角川文庫・ラノベ読み放題プランだと無料会員でも毎日10分は読み放題なので、ライトノベルや文庫本の品定めをする絶好の機会となります。

ポイント還元率も高く、初回購入だと何冊買っても50%還元されるので、一度の利用で積極的に買うようにしましょう。

 BookWalkerの弱み
(デメリット)

BookWalkerのデメリットとしては、マンガやライトノベル以外の作品数の少なさが挙げられます。

そのためビジネス書や実用書など、実践的な本を購入しようと考えている方には向かないでしょう。

また会員ランクは前月の購入額によって決まり、それに応じてコインの還元率も増減されます。

毎月多くの本を購入しているならともかく、散発的な利用が多いユーザーにとってはランクの維持が難しいかもしれません。

 BookWalkerは
こんな方におススメ!

BookWalkerではKADOKAWAグループ系列の作品が充実しており、特に角川スニーカー文庫などライトノベルの品揃えが豊富です。

他のサービスでは見られないオリジナル特典も付いてくるので、ライトノベルが好きな方にとっては心強い存在と言えるでしょう。

毎月の購入額が多いほど還元率も上がるので、電子書籍ストアのヘビーユーザーにとってもおススメです。

BookWalkerで電子書籍を快適に楽しんで下さい!

おすすめの記事